人材派遣のイロハ

人材派遣のしくみについての基礎知識。初めて派遣で働く方はご一読ください。

雇用関係はこんな仕組みに

派遣スタッフは、派遣事業を展開するジョブサポートと雇用契約を結び、仕事の依頼と給与の支払いを受けます。派遣先企業はジョブサポートと労働者派遣契約を結び、スタッフの派遣依頼をします。派遣スタッフは派遣先企業で業務を進め、具体的な仕事の指示は派遣先企業から受けます。この3者によって、「人材派遣」という仕組みが成り立っているのです。

正社員や契約社員との違いは?

正社員や契約社員は就業先企業と雇用契約を結び、仕事の指示や給与の支払いを受けます。派遣スタッフの場合は、ジョブサポートと雇用契約を結び、給与の支払いを受けますが、業務は派遣先企業から指示を受けます。この雇用関係と指示系統の流れが正社員・契約社員と派遣スタッフの一番の違いです。

「派遣」で働くメリットは?

大企業からベンチャー企業まで、規模や業種の違う様々な企業で働くことができます。さまざまな職場での経験は、あなたの経験値とスキル向上につながります。また、これまでのキャリアを活かした仕事選びもOK。強みを活かしてさらなるキャリアアップも目指せます。もちろん勤務場所、勤務時間、職種などご希望のワークスタイルに合わせた仕事選びが可能です。

「派遣」をとりまく社会的動向

2004年3月1日に改正派遣法が施行されました。主な改正ポイントは、派遣スタッフの派遣期間制限が大幅に緩和されたこと、製造業への派遣が解禁されたこと、紹介予定派遣での派遣スタッフ事前面接が解禁されたことなどです。これらの改正によって、派遣スタッフの活躍できるフィールドが一層広がり、今後もワークスタイルの1形態として、定着していくでしょう。

ページトップへ戻る